fc2ブログ

『殺戮にいたる病 』 我孫子武丸

殺戮にいたる病 (講談社文庫)殺戮にいたる病 (講談社文庫)
(1996/11/14)
我孫子 武丸

商品詳細を見る



東京の繁華街で起きた連続殺人。
それはとんでもなく猟奇的な犯行だった。
犯人の蒲生稔は、死体を愛することが本当の愛と気づき、
次々に行きずりの女性をホテルに誘い殺して行った。
被害者の妹と、元刑事とで、犯人をつきとめるが、
その犯行の現場を目の当たりし、愕然となる。
それは読む人も衝撃的な叙述トリックに騙される。





ヤバイです!これはヤバイ!!

グロテスク過ぎて、ヤバイです。
この犯人、ただ殺して死体とSEXするだけでは満足できなかった。
本当は、死体を持ち帰って、家でも死体と愛し合いたかったのだ。
でも家族の居る家に死体を持ち込むわけにはいかないからと、
なんと、乳房と性器を切り取ってビニールに入れて持ち帰り、
それを使って何度も何度も自慰行為をしていたのだ。
しかも、ホテルで犯行を侵して死体と愛し合ってる場面を8㎜ビデオに
録画して、それを見ながらやるんです。

気持ち悪い!!

前回読んだ、寄生虫の話より、さらに気持ちが悪くなる話だったよ。

しかも、この犯人の母親が、息子の異変に気付いて行動を探っていくんだけど、
この母親の心境や行動が、読者をだまし続ける事になってるんだよね。



ここからはネタバレなので、
知りたくない方は読まないでね。





母親は、息子の様子がおかしいことに気付き、息子の行動を
見張る様になるんだけど、やればやるほど、息子があやしい。
あの、凶悪犯が、まさかうちの息子?
ほとんど確信に迫って、次の犯行現場に行き着いたのだが、
息子は殺されてしまったのだ。
凶悪犯だった息子、しかも殺されてしまった。
その日、ほとんど夢遊病のように家に帰った母親が見た物は、
夫が、自分の母親とSEXしている所だった。
死体となって冷たくなっている義母と。


前回のと同様、わたし、これ2回読みました。
最初はてっきり息子が犯人のていでずっと読んでいたので、
頭ごちゃごちゃになってしまった。
2回目は夫が犯人のていで読んだ。

いや~~騙されてたな~~。

自分が愛すべき人を見つけるためにいろんな女性を殺してSEXしても、
どれも違う、いったい自分は誰を愛せば良いのか?
ホテルで息子に犯行を見られ、息子を殺してしまった。
そこでやっと気付いたのだ。自分は母親を愛したかったのだ。
息子を殺したその足で、家に帰り、母親を殺し、その死体と
SEXする。女房に見られていても、全く気付かない。
死んだ母親の上で、腰を動かし続け、至福の時を存分に味わったのだ。

やばいだろ~~これは~~~・・・。


息子の異変は、父親の異変に気付いての異変だったのだ。
しかし、妻は何故夫の異変に気付かなかったのか・・。
息子が気付いたのに・・。

私にも当てはまる所あるな~~。
子供のことには興味をもって、いろいろ詮索したくなるけど、
旦那については、以外と無関心だったりするもんね。
結婚生活も20年近くなってしまうと、旦那が何処でなにをしようが、
小遣いの範囲で、変な病気持ち帰らなければ、
好きにしてもらってぜんぜん構わないわよ。なんて。


きゃ~~~、旦那が何処で何してるか、


まさか、うちの旦那に限って・・ねぇ~~・・。


娘達よ、パパの異変に気付いたら
ママに教えてね。よろしく~~。


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うちの旦那も大丈夫かと思ってしまいマシた(旦那ゴメン)
なかなか、上手く書いている本みたいですね~
本って特にミステリーはどんでん返しがナイとつまりませんからね~
本屋で見つけたら読んでみようかな^^

メリッサさんへ

このどんでん返しには参りました・・・。
ところどころにちゃんとヒントが隠されてるのに、
全く息子だと信じて疑わなかったです。

人間の心理っておもしろいですね~。

くそ~~っ、やられた~っ、って感じでした。
プロフィール

きゃろたんと

Author:きゃろたんと
1970年生まれ(女)
感じた事を書きます。
毒舌けっこうあります。
お気を悪くなさったら
 ごめんなさい。

★主な登場人物
【R子/結婚4年目・娘一人】
【K子/幼稚園教諭5年目】
【N子/社会人1年目】
【パパ/同い年.自営社長】
【桜子/トイプードル・享年12才】
【あきら/トイプードル・15才】
【こしず/義母.事務先輩】
【やすお/義父.自営会長】
【R夫くん/R子の旦那さん】
【K彼くん/K子の彼氏)
★好きなこと
【コブクロ】
【レイクタウン】
【読書】
【映画】
【観劇】
【着物】

仕事の合間に書くので、
土日の更新はあまりないです。

ようこそ!
最新記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
おすすめリンク
今読みたい本はありますか?
検索フォーム
QRコード
QR