fc2ブログ

『東京島』 桐野夏生

東京島 (新潮文庫)東京島 (新潮文庫)
(2010/04/24)
桐野 夏生

商品詳細を見る


無人島に漂流した日本人と中国人、32人の中に女が一人。
その女は、不自由な中でも、まるで女王様気分でいられたのが一変、
日本人を裏切って、中国人達と脱出をはかったことから、立場が悪くなる。
それでも、悪賢く、命をはりつつ、たくましく生き抜く姿。
また、ほかの男達のそれぞれの生き方、死に方。
極限状態で何年も生きなければならないと知ったとき、
人はどんな行動に出るのか、リアルに描いてる。



戦争がらみの話や、無人島の話は、何冊も読んでるけど、
なかなか現実味はないので、興味本位だけで読んでる。

でも、もし、自分がこの立場に立ってみたら、って考えたら、
主人公達のようにはなれないと思ってしまう。
自殺しちゃうかもな~、って簡単に考えてる。

でも、現代人だって、いきなり何にも無いところに放り出されても
生き抜く力があるんだ、って思わせてくれた。





にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きゃろたんと

Author:きゃろたんと
1970年生まれ(女)
感じた事を書きます。
毒舌けっこうあります。
お気を悪くなさったら
 ごめんなさい。

★主な登場人物
【R子/結婚4年目・娘一人】
【K子/幼稚園教諭5年目】
【N子/社会人1年目】
【パパ/同い年.自営社長】
【桜子/トイプードル・享年12才】
【あきら/トイプードル・15才】
【こしず/義母.事務先輩】
【やすお/義父.自営会長】
【R夫くん/R子の旦那さん】
【K彼くん/K子の彼氏)
★好きなこと
【コブクロ】
【レイクタウン】
【読書】
【映画】
【観劇】
【着物】

仕事の合間に書くので、
土日の更新はあまりないです。

ようこそ!
最新記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
おすすめリンク
今読みたい本はありますか?
検索フォーム
QRコード
QR