fc2ブログ

『四十回のまばたき』 重松 清




『四十回のまばたき』
重松 清



売れない翻訳家の圭司は結婚7年目で
妻を事故で亡くした。
冬になると眠ってしまう奇病を持つ妻の妹は
これまでもそうだったように圭司の家で冬を過ごす。
しかし、彼女が知らない男の子供を妊娠してしまう。
圭司と妻の妹はある作家との出会いによって
心を動かされることになる。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


圭司の妻は、不倫をしていて、
不貞からの帰りに自動車事故で亡くなった。
夫婦関係が悪かったわけでは無かったが、
不倫の事実を知ってもそれほどショックではなかった、

と思うようにしていた?

圭司が翻訳した本がベストセラーとなり、
作家が来日することになった。
その作家がまた変わった人物だったのだが、

なぜか、圭司と、同居している義理の妹とは、
仲良くなっていく。

共通点が『上手く泣けない』

だったからなのかな。



圭司が最後には
妻のことで自然に泣けるようになったのは、
その作家の本当の心が見えたからなのか。



人は何かしら、穴がある。
自分に足りない物だったり、
辛み、悲しみや、
後悔だったり、
懺悔だったり、

でも、無意識にその穴は自分で埋めてる。
そうすることで気持ちのバランスを取って
生きているのかも。

だけど、その穴を上手く埋められない人がいる。
そしたら誰かに埋めて貰うか、
意識的に埋める方法を見つけるしかない。

その方法を教えてくれたのが、
海外からやってきた作家だった。

その作家はどうして二人に親身になったのか
よく分からないで終わってしまったけど、
確実にその3人は意図して出会って結びついた
のだろうなと思う。


私は無意識に穴を埋められるタイプ
だと思っているけど、
もしも、このさき、
どうしてもをふさぐことが出来ずに苦しんだときは
この本を思い出して
『四十回のまばたき』
をやってみようかと思う。



なんだかちょいと解釈の難しい内容だったなあ~。。。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きゃろたんと

Author:きゃろたんと
1970年生まれ(女)
感じた事を書きます。
毒舌けっこうあります。
お気を悪くなさったら
 ごめんなさい。

★主な登場人物
【R子/結婚4年目・娘一人】
【K子/幼稚園教諭5年目】
【N子/社会人1年目】
【パパ/同い年.自営社長】
【桜子/トイプードル・享年12才】
【あきら/トイプードル・15才】
【こしず/義母.事務先輩】
【やすお/義父.自営会長】
【R夫くん/R子の旦那さん】
【K彼くん/K子の彼氏)
★好きなこと
【コブクロ】
【レイクタウン】
【読書】
【映画】
【観劇】
【着物】

仕事の合間に書くので、
土日の更新はあまりないです。

ようこそ!
最新記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
おすすめリンク
今読みたい本はありますか?
検索フォーム
QRコード
QR