fc2ブログ

『美しき凶器』 東野圭吾




『美しき凶器』 東野圭吾


日本の元有名アスリート4人、
ある屋敷に侵入し、あるものを盗もうとしていた。
あるものとは、かつてのドーピングの証拠だ。
だが、家主に見つかってしまい、
4人は家主を殺し、屋敷を放火してしまった。
しかし、その後、
何者かによって、4人のうち2人が次々に殺されてしまう。
それは、とてつもなく強靱な身体の持ち主。
いったい、その人物にはどんな秘密が隠されてるのだろうか。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


読みやすかった~。

安定の東野圭吾ね。

東野圭吾は、時々入れたくなる、
インターバル的な感じだよね。



この物語は20年前に書かれてるみたいだから、
まだ、携帯も出てこない時代で、
ドーピング、という言葉すら、なじみがなかった時代
だったのでは・・・?

そんな中、凄い内容だったわ。

4人のスポーツ選手、競技はバラバラだが、
ある一人の研究者によって、極秘にドーピングがなされていた。

それぞれ、その性質に合ったやり方でのドーピング。
当時は検査でかいくぐれていたので、発覚しなかったが、
4人が引退してしばらくたって、いよいよ、それが発覚しそうになっていた。

華々しい記録と名誉を手に入れていた4人なので、
過去のこととはいえ、発覚を恐れていたのだ。

研究者の先生の自宅で証拠となるデータを盗もうとしたのだが
上手くいかなかった。

火事になってそれは燃えてしまったと安心していたが、
その、一部始終をある女に見られていたのだ。

ネタバレします。

女は、さらなる新しいドーピングの実験台にされていて
屋敷の離れにかくまわれながらトレーニングしていたのだ。
なぜだか、女は、研究者の先生の死を知り、
4人に復讐をするのだ。

なぜだか、、、っていうのは、
最後に分かるんだけど・・・・。

切ないことでしたよ。

女のドーピングというのは、

妊娠すると体内で発生する成分が、・・・・
あれ、なんだっけ??
読み直すのめんどくさいから割愛するわハハハ。

とにかく、妊娠しては堕ろし、妊娠しては堕ろし、
を繰り返して、とんでもない肉体を作り上げる、
というものだった。

すげ~~~怖くない????

その妊娠がね~~、結局、
その研究者の子だったってことよね~~~。。。
愛し合っていたのかもしれない、
ってことよ。

でも、産ませてはもらえなかったわけで。。。

そのなんとも言えないむなしさが、
最後の最後に、胸にズドンっと来たね。

今でも、知らないところでドーピングの研究は行われてるのだろうか。。。
化学と化学のいたちごっこ。
アスリートが記録を出し続けるって、大変だよね~~。。。

県大会に出たよ~って言ってるくらいがちょうど良い。と思うわ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きゃろたんと

Author:きゃろたんと
1970年生まれ(女)
感じた事を書きます。
毒舌けっこうあります。
お気を悪くなさったら
 ごめんなさい。

★主な登場人物
【R子/結婚4年目・娘一人】
【K子/幼稚園教諭5年目】
【N子/社会人1年目】
【パパ/同い年.自営社長】
【桜子/トイプードル・享年12才】
【あきら/トイプードル・15才】
【こしず/義母.事務先輩】
【やすお/義父.自営会長】
【R夫くん/R子の旦那さん】
【K彼くん/K子の彼氏)
★好きなこと
【コブクロ】
【レイクタウン】
【読書】
【映画】
【観劇】
【着物】

仕事の合間に書くので、
土日の更新はあまりないです。

ようこそ!
最新記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
おすすめリンク
今読みたい本はありますか?
検索フォーム
QRコード
QR