fc2ブログ

『青の炎』 貴志祐介





『青の炎』 貴志祐介


秀一は17才の高校生、母と妹との3人暮らしをしていたが、
突然、母と離婚した男が家に上がり込んで住み始めた。
その曾根と言う男は以前から母に暴力をふり、
妹もおびえながらくらしていた。
秀一は曾根を殺したいほど憎んだ。
そして、完全犯罪を思いつき、実行した。
その後、一家に幸せな暮らしが戻るのか。。
家族を思う男子高校生の葛藤と戦いの結末は・・・。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なぜ、別れた旦那が再び戻ってきたのか。
酒飲みで、ギャンブル漬けで、働かず、
傍若無人に我が物顔で振る舞い
家族に恐怖をあたえる最低の男だ。

そんな生活に耐えられなくなったら、
逃げるか、殺すか・・・、って考えるね。

秀一は頭が良く、緻密に完全犯罪を作り上げた。

しかし、そこはやはり高校生、
やはりそうは上手くはいかなかったのよね。
同級生に目撃され、金を要求されたのだ。

一度犯罪にてを染めちゃったらもう後戻り出来ない、
また完全犯罪を考え、その同級生も殺す事にしたのだ。

そんな上手く行くはず無いのよね~。
警察なめんなよ!
って言いたくなったわ。

でも、家族を思ってしたことで、
気持ちは分かるから、
完全犯罪、上手くいくといいのに、って思ったわ、そりゃ。

結局、秀一は追い詰められて、最後は自ら・・・・・

なんだけど、、


お母さん目線でかんがえると少し秀一と思いが違っていた。


曾根は末期ガンだったのだ。
ほおっておいてもまもなく死ぬはずだったのだ。
それをお母さんは知っていて、
温情の気持ちで家にとどまらせていたのでは?
しかも、曾根は秀一とは血がつながっていなかったが、
妹は曾根の実の娘だったのだ。
その事実は本人達も知らなかった。
曾根はどうしようもない暴力男でクズで
殺したいほど憎い男だったけど、
少しは心が通っていて、
最後くらいは実の娘のそばにいたい、
って思ってのことだったのかも知れない。
だったら傍若無人に振る舞わないように、
おとなしくしてたらよかったのにね。

きっと曾根は血のつながらない秀一のことは嫌いだったのかもね、
妹とすごく仲良くしていて、嫉妬していたのかも。

そう考えると、ある意味、
曾根は自分の望みを果たした事になる。

最後は娘のそばにいたい、
秀一を破滅させたい。

その通りになったからね~。



後味の悪いストーリーだった~~~。



あ、これ、2003年に嵐の二宮君主演で映画になってました。






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きゃろたんと

Author:きゃろたんと
1970年生まれ(女)
感じた事を書きます。
毒舌けっこうあります。
お気を悪くなさったら
 ごめんなさい。

★主な登場人物
【R子/結婚4年目・娘一人】
【K子/幼稚園教諭5年目】
【N子/社会人1年目】
【パパ/同い年.自営社長】
【桜子/トイプードル・享年12才】
【あきら/トイプードル・15才】
【こしず/義母.事務先輩】
【やすお/義父.自営会長】
【R夫くん/R子の旦那さん】
【K彼くん/K子の彼氏)
★好きなこと
【コブクロ】
【レイクタウン】
【読書】
【映画】
【観劇】
【着物】

仕事の合間に書くので、
土日の更新はあまりないです。

ようこそ!
最新記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
おすすめリンク
今読みたい本はありますか?
検索フォーム
QRコード
QR