fc2ブログ

『白夜行』 東野圭吾





『白夜行』 東野圭吾


ある廃墟ビルで1人の男が殺された。
次々に容疑者が挙がったが、
犯人にたどり着くことなく迷宮入りした。
19年後、この事件を追い続けた刑事、笹垣は
やっと犯人にたどり着く事になる。
当時小学生だった被害者の息子と、容疑者の娘が
深く関係していると確信したのだが、
気づいたときにはもう
長い月日の中で、たくさんの犠牲者が。。
笹垣は、19年前にその芽を摘んでいたなら
こんな事にはならなかったと、後悔してしまう。

事件の被害者の息子、
容疑者の娘、
19年の間に二人の周りで巻き起こる事件と、
二人の関係は?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いや~~~~~、すごいね、
ドラマは見てたよ、でも、記憶が定かじゃないから
ネットでドラマのネタバレ読んだ。

けど、ドラマの方は知らない方がいいです。
これ読んだらドラマは全然物足りない。

ドラマは、親を殺された息子と
容疑者の娘は、大人になって再会するって設定だけど、
原作は、中学、高校、大学、って、
ず~~~っとつながってる。

いや~~~~、恐いよ~~~、恐い。

この娘、雪穂は
その美貌と頭の良さで
狙いをつけた男を虜にさせ、
自分の思ったとおりに生きていった。

それはすべて、被害者息子、亮司が、
雪穂の為に仕掛けてきたことのおかげなのだ。
雪穂にとって障害となる人は徹底的に排除していくのだ。

まあ、亮司も結局、まんまと雪穂の罠にはまっていたのだけどね、
本人はきっと、自分が雪穂のいいように使われてる
とは思っていなかったのではないかな。

愛する雪穂のために、何でもやる
それが殺人であっても。

雪穂も亮司の為に情報を盗んだりしてたけど、
まあ、ギブアンドテイクよね、

どう考えても、亮司の方がヤバイことやってる。
二人の愛の強さの違い?

にしても、ゆがんだ愛。

亮司も、雪穂も、
やはり家庭環境が良くなかった。

雪穂は貧乏で、母親によって体を売りに出されていた。
小学生だったのによ、可哀想。。。

亮司は親の愛に飢えていた。
父親は少女趣味、母親は不倫、でほったらかされてね。

そんな中、亮司にとって図書館でいつも会う雪穂が
心のよりどころになってたのね。
その頃はきっと、雪穂もそう思ってたに違いない、
そうであったと、私は信じたいよ~。

や~~でもね、
雪穂のしたたかさはハンパ無いわ~。

地位も名誉も金も得た雪穂にとって、
もう、亮司が死んでいなくなったところで、
どうでもよい、むしろ、死んでくれた方が都合がよい、
とでも思ったのだろうね、最後は。そんな感じ。

も~~~~~、やだわ~~~、

やだやだ。

しかしこれは読み応えありました~~。
だって・・・・・・


この分厚さ・・・・・(笑)


1453967671871[1]_convert_20160128165630


上・下に分ければいいと思います。


コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

ドラマから本。
本からドラマ。
同じようだけど 全然違うんだね。

そういう楽しみ方もアリだね^^


こっぺ さんへ

こんにちは。

ドラマはドラマのいいところがあって、
原作は原作のいいところがあって、
さらに映画もありますしね、
それが分かるとなおさら楽しいんですよね。

でも、白夜行は原作が断然面白いです!
プロフィール

きゃろたんと

Author:きゃろたんと
1970年生まれ(女)
感じた事を書きます。
毒舌けっこうあります。
お気を悪くなさったら
 ごめんなさい。

★主な登場人物
【R子/結婚4年目・娘一人】
【K子/幼稚園教諭5年目】
【N子/社会人1年目】
【パパ/同い年.自営社長】
【桜子/トイプードル・享年12才】
【あきら/トイプードル・15才】
【こしず/義母.事務先輩】
【やすお/義父.自営会長】
【R夫くん/R子の旦那さん】
【K彼くん/K子の彼氏)
★好きなこと
【コブクロ】
【レイクタウン】
【読書】
【映画】
【観劇】
【着物】

仕事の合間に書くので、
土日の更新はあまりないです。

ようこそ!
最新記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
おすすめリンク
今読みたい本はありますか?
検索フォーム
QRコード
QR