fc2ブログ

『赤い指』 東野圭吾



『赤い指』 東野圭吾

ごく普通のサラリーマンの家庭、
その家の庭に少女の遺体が。
妻と子、そして痴呆を患っている母親を守るために
この男は間違った行動を起こす。

この事件を担当する刑事、加賀恭一郎は
この家族に起こっている深い闇に気づき、
この夫は本人も気づかないうちにその心の闇を
さらけだすことになる。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


よくよく見たら、これ、『新参者』が出される前の
加賀恭一郎シリーズだった~。

加賀の父親に関するエピソードが書かれてあって、
これが泣ける・・・。
本編とは関係ないけどそっちがいい話だった。

本編の話ね、

ネタバレしちゃいますが、

この事件は、中学三年生の一人息子が
少女を家に連れ込み殺してしまったって話、
それに気がついた両親が、なんと、
惚けてしまっている母親に罪をかぶせようとするのだ。

ま~~なんてこと、

こんなの、隠し通せるモンじゃないことはわかってる、
でも、そうでもして、なんとしてでも息子を守らねば、
と思ってしまう、この愚かな親のきもちね、

息子はどう感じていたのだろうか、

まず、そもそも、

育て方が間違っていた、
っちゅったらおしまいなんだけど、
そうゆう育てられ方をしたらきっと
自分の悪事は親が何とかしてくれる
って思う息子になるわね。
この子は相当時間を掛けて更正させないと、
親の気持ちなんて分かってくれないだろう。

それよりも、痴呆の母親よ。

母親は、嫁と息子と孫の態度に嫌気がさし、
ず~~っと惚けたふりをしていたのだ。
(ステップアンドヒルズとすこ~しかぶるね)
惚けた振りをすることによって、ぎくしゃくした家族と
関わりを持たずに生活が出来たのだ。
毎日世話をしに訪れていた家主の妹(娘)はそれを知っていたという。

やりきれないです。

結局、この母親の機転によって
夫は目が覚めた、
母親の愛に気づき、
そして、家族は崩壊したのだ。

加賀はそうゆう人情、絆、人の感情を
うまくついてくるんだね。
加賀恭一郎シリーズ、
他のも読んでみたくなった。



しかし、惚けたふりなんて、
本当に出来るモンなんでしょうかね~。




コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

きょろたんとさん。まとめるのがほんと上手いよね。

今回紹介してくれた『赤い指』も読んでみたくなったよ。

こっぺさんへ

こんにちは。

いやいや、後で自分でブログ読んで、
こんな本読んだんだな~って思い出す為に書いてるようなモンですから、

実際、自分の感想文読んでもイマイチよく思い出せないことがあります・・・。

でも、こっぺさんのように思っていただけるとすごいうれしいです。
プロフィール

きゃろたんと

Author:きゃろたんと
1970年生まれ(女)
感じた事を書きます。
毒舌けっこうあります。
お気を悪くなさったら
 ごめんなさい。

★主な登場人物
【R子/結婚4年目・娘一人】
【K子/幼稚園教諭5年目】
【N子/社会人1年目】
【パパ/同い年.自営社長】
【桜子/トイプードル・享年12才】
【あきら/トイプードル・15才】
【こしず/義母.事務先輩】
【やすお/義父.自営会長】
【R夫くん/R子の旦那さん】
【K彼くん/K子の彼氏)
★好きなこと
【コブクロ】
【レイクタウン】
【読書】
【映画】
【観劇】
【着物】

仕事の合間に書くので、
土日の更新はあまりないです。

ようこそ!
最新記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
おすすめリンク
今読みたい本はありますか?
検索フォーム
QRコード
QR