『美しき凶器』 東野圭吾




『美しき凶器』 東野圭吾


日本の元有名アスリート4人、
ある屋敷に侵入し、あるものを盗もうとしていた。
あるものとは、かつてのドーピングの証拠だ。
だが、家主に見つかってしまい、
4人は家主を殺し、屋敷を放火してしまった。
しかし、その後、
何者かによって、4人のうち2人が次々に殺されてしまう。
それは、とてつもなく強靱な身体の持ち主。
いったい、その人物にはどんな秘密が隠されてるのだろうか。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


読みやすかった~。

安定の東野圭吾ね。

東野圭吾は、時々入れたくなる、
インターバル的な感じだよね。



この物語は20年前に書かれてるみたいだから、
まだ、携帯も出てこない時代で、
ドーピング、という言葉すら、なじみがなかった時代
だったのでは・・・?

そんな中、凄い内容だったわ。

4人のスポーツ選手、競技はバラバラだが、
ある一人の研究者によって、極秘にドーピングがなされていた。

それぞれ、その性質に合ったやり方でのドーピング。
当時は検査でかいくぐれていたので、発覚しなかったが、
4人が引退してしばらくたって、いよいよ、それが発覚しそうになっていた。

華々しい記録と名誉を手に入れていた4人なので、
過去のこととはいえ、発覚を恐れていたのだ。

研究者の先生の自宅で証拠となるデータを盗もうとしたのだが
上手くいかなかった。

火事になってそれは燃えてしまったと安心していたが、
その、一部始終をある女に見られていたのだ。

ネタバレします。

女は、さらなる新しいドーピングの実験台にされていて
屋敷の離れにかくまわれながらトレーニングしていたのだ。
なぜだか、女は、研究者の先生の死を知り、
4人に復讐をするのだ。

なぜだか、、、っていうのは、
最後に分かるんだけど・・・・。

切ないことでしたよ。

女のドーピングというのは、

妊娠すると体内で発生する成分が、・・・・
あれ、なんだっけ??
読み直すのめんどくさいから割愛するわハハハ。

とにかく、妊娠しては堕ろし、妊娠しては堕ろし、
を繰り返して、とんでもない肉体を作り上げる、
というものだった。

すげ~~~怖くない????

その妊娠がね~~、結局、
その研究者の子だったってことよね~~~。。。
愛し合っていたのかもしれない、
ってことよ。

でも、産ませてはもらえなかったわけで。。。

そのなんとも言えないむなしさが、
最後の最後に、胸にズドンっと来たね。

今でも、知らないところでドーピングの研究は行われてるのだろうか。。。
化学と化学のいたちごっこ。
アスリートが記録を出し続けるって、大変だよね~~。。。

県大会に出たよ~って言ってるくらいがちょうど良い。と思うわ。

『読めない遺言書』 深山 亮



『読めない遺言書』 深山 亮



傷害事件を起こした後、
ほとんど会うことなく音信不通だった父親が
孤独死したとの連絡が来た。
父が住んでいた部屋を整理に訪れた竹原は、
そこで父の遺言書を見つける。
遺言書には、知らない名前の女に
全財産を譲る、と書いてあった。
その真相を確かめていた竹原は
トラブルに巻き込まれる。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


竹原は、自分が中学校の教師であるために、
前科者の父親を見放していた。

教師だからこそ、
自分の中にある卑怯な性格がするせなかったり、
でも、教師として、それなりに全うしていると自負している面もあり、

いろいろと葛藤があったのだ。


そんな中、出会ってしまった、
ボランティアでホームレスに炊き出しをしている女性、
その女性が、父の遺言書に書いてあった人だ。

竹原は、あろうことか、
その女性にどんどん惹かれていく・・・。




恋は盲目ですのね~~。
私なんか、最初からもう、
この女、胡散臭い、って思ったわよ。
(ま、まあそうゆう物語です。)

も~~~、竹原さん、騙されてるよ~~!!

ってイライラしながら読んでた(笑)



父親の遺産なんかたいしてないのだから、
どうして父はそんな赤の他人に・・・。




自分が死ぬとき、
一番に思いを伝えたい人って、
誰だろうね~。
自分が生きた証をだれに引き継いで貰いたいか、
それで自分の人生が誰かに役に立ってくれるなら、
赤の他人だろうがなんだろうが、
活かされるなら良いのでは?


って思う。


父親は、きっと、
自分が全う出来なかった人生を
その人に、夢のために活かして貰いたかったのだ。
自分の時よりもずっと、光り輝く人生にして欲しかった。


のね~~~。


最後にやっと読めたわ、この遺言書。

『R・P・G』 宮部みゆき

『イノセント・デイズ』 早見和真



『イノセント・デイズ』 早見和真

『だから荒野』 桐野夏生

『ジェノサイド』 高野和明






『ジェノサイド』 高野和明


説明が難しいので省略(笑)



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ネタバレあるよ~。


アメリカ合衆国は
厳選した4人の傭兵にあることを命じた。

・コンゴ共和国のある民族の集落を皆殺しにする。
・その作戦の途中で見たこともない生物に遭遇したら殺して持ち帰ってくる。

しかしこれは、
新種の疫病に侵された民族の駆除が本当の目的
と思わせて、
実は、

民族は疫病に侵されてなく、
突然変異で産まれた奇形の子供の駆除を
優秀な4人の傭兵に殺させ、
その4人も抹殺するという計画だった。



すごい内容だった~~~。


その奇形の子はコンピューターの暗号を
いとも簡単に解いてしまうと言うのだ。
アメリカはそれを脅威と感じ、
その生物が繁殖してしまっら人間そのものが
滅ばされると思ったのだ。


途中で4人はアメリカの罠だって気付いて、
奇形の子供を安全に生きて連れて帰る事にした。


とにかく、すごい戦いだったわよ。


日本にいる大学院生も関わってくるんだけども、
もうね、誰が味方で、誰が敵なのか、
分からない状態でハラハラドキドキよ。


この大学院生と、奇形の子供のおかげで、
現代では絶対に治らないある病気を
治してしまう薬を作っちゃった。


ココでは伝えきれないのですけど、
大学院生あっぱれですよ。


この本、洋物だと思って読んでたら、
よくよく見たら日本の作者だった、
どうりで、読みやすかったわけね~。


すごく読み応えあって、面白かった。
(映画とかになってなるかしら)


読んでつくづく知ったことは、
スーパーコンピューターをはるかに超える頭脳の持ち主が
突如、ヒトから産まれてしまったら、
すごい発展が起こる反面、
世界中が大混乱するんだ。
ってことでした。

『舟を編む』 三浦しをん



『舟を編む』 三浦しをん


辞書作りに全力を注ぐ人達の話。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ごめ~~~ん、

説明が雑すぎたね~~~~~~~~~~~。。

笑笑笑



もし、自分が出版社に就職したとして、
一番やりたい仕事ってなんだろうな~、
って考えたら、

(ドラマの校閲思い出すけどな)

やっぱり、好きな小説を扱う仕事がいいな~
とか思うよね~。
ゴシップネタも好きだから
フライデーみたいな週刊誌もいいわね~。

ところが、この物語は、
辞書だよ。

辞書って・・・・そんなに頻繁に作ってるのか?
改訂するくらいなんだろうよ、
って思ってたんだけど、

1から作り上げるんだよ~。

すごくな~い?

あ、から始まる言葉・・・・
愛・・・いとおしく思う

とか、そうゆう事を延々考えていくんだよ~。

一生かかっても出来なさそうだわ~~。


実際、この物語も
辞書が出来上がるまで10年以上かかってる。


そんで、主人公がまじめで面白いキャラなんだよね、
馬締(まじめ)君って名前なのがまた面白い。

まじめ君は、元々、言葉もの持つ意味を考えるのが大好き。
いちいち、聞いたり見たりした言葉を調べたり、
疑問に思ったりする。

それが性格だから、辞書作りにはもってこいだ。

辞書が出来上がった時の感動はもちろんだけど、
作っていく工程とか、関わってる人たちの奮闘ぶりが
私にとっては知らない世界だったので面白かった。

たまに出てくる、言葉の意味を語るところも面白い。


あと、何と言っても、
まじめ君が好きな人に送ったラブレターが面白い。

漢文??
戦前ですか?
って感じ。

回りくどいし、まどろっこしいし、
めっちゃ長いし、意味不明・・・。
気持ちが溢れすぎて、
逆に気持ちが伝わらない恋文。

まじめ君のキャラクターの全てが
そこに集約されてると行っても過言じゃない。


これはなかなか、

ほっこりして、クスッと笑える、
いいお話でした。




『さよなら。ベイビー』 里見 蘭



『さよなら。ベイビー』 里見 蘭

突然、父が生後数ヶ月の赤ん坊を連れてきた。
知り合いが海外に仕事で行くことになったからと
少しの間預かることになったという。
しかし、3日後、父は風呂場で突然死した。
父と2人暮らしの引きこもりの息子、雅祥(21才)は
赤ん坊を目の前に、どうして良いのかわからない。
親が誰なのかを知らされてなかったのだ。
赤ん坊をどこかへ預けることも出来ず、
仕方なく世話をする雅祥。
民生委員さんや、いとこのお姉さんに協力して貰いながら、
父の知り合いだという親が帰ってくるのを待った。
しかし、いつまで経っても迎えにこない。
疑惑を持ち始めた雅祥は、親を突き止めようと調べ始める。
真相を知った雅祥は何を思うのか・・・。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


引きこもりの青年が、赤ん坊を面倒見るという
そのドタバタが面白かった。
そうしていくうちに、引きこもってもいられなくなって、
外に出るようになったり。

でも、赤ん坊の親は一体どこの誰なのか、
父は、なぜ親の事をきちんと教えてくれなかったのか、

自分が4年前に引きこもりになってしまったのが、
実は自分でも、その理由が思い出せない、
ガンで亡くなった母に大事なことを打ち明けられたのだ
と言うことだけは覚えているのだが・・・。

そうゆう事も父は話してくれなかった・・・。

民生委員さん、いとこのお姉さんが
手伝ってくれてるが、何か、隠してる感じ・・・。

真相が分かった雅祥の気持ちね、

ネタバレです

民生委員さんは雅祥の生みの母親で、
いとこのお姉さんが赤ん坊の母親だった~。

何とも、複雑なことですよ。

生みの親の気持ち、育ての親の気持ち、
それを受け入れる雅祥の気持ち、
全部知ってた、父親の気持ち。

いろいろな気持ちが交差してて、
わけが分からなくなったけど、
最後には何となく一件落着したよ。

赤ん坊は雅祥の親戚にあたる子だったが、
血はつながってなくて、
でも、すっかり、自分の弟だと思ってかわいがっているし、

実は母親と名乗った近所の民生委員には
中学生の娘がいて、それは正真正銘、
血が繋がった妹だったわけで。

育ててくれた父親と母親は死んじゃったけど、
いきなり現れた母や妹、そして、弟が、
きっと引きこもっていた雅祥の生活を
明るいものにしてくれるだろうと思って、
なんだかこっちもすがすがしい気分になった。

母と子の話というのは、
やっぱ、泣けるね~。





『半落ち』 横山秀夫





『半落ち』 横山秀夫


元刑事の梶はアルツハイマーの妻を殺したと自首してきた。
取り調べてみるが、殺害は自供しているが
犯行から自首までの3日間に何をしていたかが曖昧なのだ。
その空白の3日間、梶はなぜ黙っているのか・・・。
警察、検察、弁護士、記者、裁判官、刑務官、
それぞれの目線からこの事件の真相を探る・・・・。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



またまたカフェで泣いちゃいました・・・。

妻を殺したという男は49才。
一人息子を白血病で亡くし、
アルツハイマーの妻の面倒をみていたが、
時々正気になる妻が、
「息子の命日に墓参りに行ったことすら忘れてしまうなんて、
 どうか、今、まだ息子の事を忘れないでいるうちに
 私を息子の所に行かせてください。」
と懇願してきたので、殺してしまった。

って話なんだけど・・・

辛かったわ~~。



男は妻を殺したあと、自殺しようと思ったのだが、
それを思とどまり、なぜか、歌舞伎町方面に出向いている・・。

歌舞伎町・・・・イメージは良くないね。
だからなおさら、警察や弁護士は調べるよね。


ネタバレします・・・。


泣いちゃうよ~~。


梶は、息子はドナーが見つかれば助かった命だったと、
自分は適合せずドナーになれなかった・・・悔しい気持ち・・・。
しかし、ある日、自分に移植の依頼が来たのだ。
梶はある少年の命を救ったのだ。

妻を殺したあと、ふと、その少年の事が気になった。
歌舞伎町の小さいラーメンやで働いてる、
という事実をつかんでいた梶は、探しに行っていたのだ。

やっとの思いで少年を見つけた。
もちろん、名乗り出ることはしない。

こみ上げる気持ち・・・。

梶は、自殺を思いとどまり、
もう一人、誰かの命を救ってやりたい、
という気持ちになったのだ。

ドナーになれるのは50才までと決められてる。
50才までは生きよう。
それまでに適合の連絡が来ますように・・・。

そうゆう思いを持って、梶は自首をしたのだ。


なんて良い話・・・。


しかし、連絡は来ず、50才を過ぎてしまった。


真相を知った刑事が、少年を梶に会わせようと、
取調室に連れて行った・・・

少年が梶に言った
「貰った命、大切にします。お父さん。」と・・。




ううううう・・・・・・泣く~~~。




きっと、梶は、この少年の為にも、
生きていく決心をしたたろうな。。。




私もドナー登録しておこうかな、
って気持ちになった・・・。

脳死になったらどっか使えるところ使っちゃって良いよ。
って、家族に言うだけじゃだめ??

運転免許とかの裏に書くところあるよね。
書いておくかな・・・・。

『人体工場』 仙川環



『人体工場』 仙川環


大学生の真柴は尿検査で異常が見つかり調べたのだが、
全く身体に異常がなかった。
前に受けた治験のアルバイトが関係しているのでは
と疑い始めた真柴は、一緒に受けた火野という女性を見つけ出し、
一緒に調べ始める。
だが、突然女性は行方不明に。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

人体実験のアルバイトって、どうなんでしょうね。
臨床データを調べるのには欠かせない物なのでしょうけど、
ちょっと恐いよね~。
いくらバイト代が良くても出来ないわ、私は。

でも、お金のない大学生が、
短い時間で大金を稼げるなら、やってしまうかもね。



ネタバレします。


この治験は、何か薬を注射をされて尿を取る、
それだけのことなんだけど。

その尿からある物質が抽出されるのだ。

それは難病を治してしまうものなのだ。

要するに、本の題名の通り、人体工場・・・。
人の体が特効薬を作る工場、ということだ。



もし、自分の家族が命にかかわる難病で、
実は良い薬があるんだけど、それを作るには
誰かの身体を借りなければならない。
自分だけでは大した薬の量にならなければ
他人にお願いするしかない。
それがその人体に全く影響を与えないのであれば
人間を利用してもかまわないだろう、って思っちゃうかもね。

報酬があれば人は集まる。
実験だと思えば一週間くらい拘束しても誰も不思議に思わない。

そゆうことなら、私もやっちゃうかもだよね。
自分も協力するし、誰かに協力して貰うかも。

ただ、医療法に違反してなければの話だけどね。


けっこうありそうな話だよね~。
人間の尿から薬が出来る、って、
胎盤だって良いらしいジャン。

尿なんて捨てるだけなんだから
利用できるならして貰いたいものよ。
まあ、なんか薬を注射されるっていうのが恐いけど。
(この本の場合ね)

家族の命を助けてあげたい
そのためには法を犯してもかまわない
って思うのは、分かる気がするので、
だれも悪くないよな~この登場上人物達・・・。

にしても・・・尿から・・・って・・・。

こしずの唾液はどうかしら???キモっ!!





プロフィール

きゃろたんと

Author:きゃろたんと
1970年生まれ(女)
感じた事を書きます。
毒舌けっこうあります。
お気を悪くなさったら
 ごめんなさい。

★主な登場人物
【R子/結婚1年目共働き】
【K子/幼稚園教諭2年目】
【N子/大学2年】
【パパ/同い年.自営社長】
【桜子/トイプードル享年12才】
【あきら/トイプードル】
【こしず/義母.事務先輩】
【やすお/義父.自営会長】
★好きなこと
【コブクロ】
【レイクタウン】
【読書】
【観劇】

仕事の合間に書くので、
土日の更新はあまりないです。

ようこそ!
最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめリンク
今読みたい本はありますか?
検索フォーム
QRコード
QR