『半落ち』 横山秀夫





『半落ち』 横山秀夫


元刑事の梶はアルツハイマーの妻を殺したと自首してきた。
取り調べてみるが、殺害は自供しているが
犯行から自首までの3日間に何をしていたかが曖昧なのだ。
その空白の3日間、梶はなぜ黙っているのか・・・。
警察、検察、弁護士、記者、裁判官、刑務官、
それぞれの目線からこの事件の真相を探る・・・・。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



またまたカフェで泣いちゃいました・・・。

妻を殺したという男は49才。
一人息子を白血病で亡くし、
アルツハイマーの妻の面倒をみていたが、
時々正気になる妻が、
「息子の命日に墓参りに行ったことすら忘れてしまうなんて、
 どうか、今、まだ息子の事を忘れないでいるうちに
 私を息子の所に行かせてください。」
と懇願してきたので、殺してしまった。

って話なんだけど・・・

辛かったわ~~。



男は妻を殺したあと、自殺しようと思ったのだが、
それを思とどまり、なぜか、歌舞伎町方面に出向いている・・。

歌舞伎町・・・・イメージは良くないね。
だからなおさら、警察や弁護士は調べるよね。


ネタバレします・・・。


泣いちゃうよ~~。


梶は、息子はドナーが見つかれば助かった命だったと、
自分は適合せずドナーになれなかった・・・悔しい気持ち・・・。
しかし、ある日、自分に移植の依頼が来たのだ。
梶はある少年の命を救ったのだ。

妻を殺したあと、ふと、その少年の事が気になった。
歌舞伎町の小さいラーメンやで働いてる、
という事実をつかんでいた梶は、探しに行っていたのだ。

やっとの思いで少年を見つけた。
もちろん、名乗り出ることはしない。

こみ上げる気持ち・・・。

梶は、自殺を思いとどまり、
もう一人、誰かの命を救ってやりたい、
という気持ちになったのだ。

ドナーになれるのは50才までと決められてる。
50才までは生きよう。
それまでに適合の連絡が来ますように・・・。

そうゆう思いを持って、梶は自首をしたのだ。


なんて良い話・・・。


しかし、連絡は来ず、50才を過ぎてしまった。


真相を知った刑事が、少年を梶に会わせようと、
取調室に連れて行った・・・

少年が梶に言った
「貰った命、大切にします。お父さん。」と・・。




ううううう・・・・・・泣く~~~。




きっと、梶は、この少年の為にも、
生きていく決心をしたたろうな。。。




私もドナー登録しておこうかな、
って気持ちになった・・・。

脳死になったらどっか使えるところ使っちゃって良いよ。
って、家族に言うだけじゃだめ??

運転免許とかの裏に書くところあるよね。
書いておくかな・・・・。

『人体工場』 仙川環



『人体工場』 仙川環


大学生の真柴は尿検査で異常が見つかり調べたのだが、
全く身体に異常がなかった。
前に受けた治験のアルバイトが関係しているのでは
と疑い始めた真柴は、一緒に受けた火野という女性を見つけ出し、
一緒に調べ始める。
だが、突然女性は行方不明に。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

人体実験のアルバイトって、どうなんでしょうね。
臨床データを調べるのには欠かせない物なのでしょうけど、
ちょっと恐いよね~。
いくらバイト代が良くても出来ないわ、私は。

でも、お金のない大学生が、
短い時間で大金を稼げるなら、やってしまうかもね。



ネタバレします。


この治験は、何か薬を注射をされて尿を取る、
それだけのことなんだけど。

その尿からある物質が抽出されるのだ。

それは難病を治してしまうものなのだ。

要するに、本の題名の通り、人体工場・・・。
人の体が特効薬を作る工場、ということだ。



もし、自分の家族が命にかかわる難病で、
実は良い薬があるんだけど、それを作るには
誰かの身体を借りなければならない。
自分だけでは大した薬の量にならなければ
他人にお願いするしかない。
それがその人体に全く影響を与えないのであれば
人間を利用してもかまわないだろう、って思っちゃうかもね。

報酬があれば人は集まる。
実験だと思えば一週間くらい拘束しても誰も不思議に思わない。

そゆうことなら、私もやっちゃうかもだよね。
自分も協力するし、誰かに協力して貰うかも。

ただ、医療法に違反してなければの話だけどね。


けっこうありそうな話だよね~。
人間の尿から薬が出来る、って、
胎盤だって良いらしいジャン。

尿なんて捨てるだけなんだから
利用できるならして貰いたいものよ。
まあ、なんか薬を注射されるっていうのが恐いけど。
(この本の場合ね)

家族の命を助けてあげたい
そのためには法を犯してもかまわない
って思うのは、分かる気がするので、
だれも悪くないよな~この登場上人物達・・・。

にしても・・・尿から・・・って・・・。

こしずの唾液はどうかしら???キモっ!!





『その女アレックス』 ピエール・ルメートル



『その女アレックス』 
ピエール・ルメートル


女が帰宅途中に何者かに誘拐される。
知らない場所に連れて行かれ監禁される女。
犯人は何物なのか・・・。
しかし、身動きの取れない状態の女を放置したまま、
犯人は警察に追跡され事故死してしまう。
警察はやっとの思いで誘拐された女のいる場所を突き止めたが、
そこに女はおらず、脱出していた。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



さてと、

どれから話そうか・・・。
前にブログで言ったことあるね、
ねずみに食い殺されそうになる女の話、
これがそれ。

ネタバレします。

まず、女は何年も偽名を使って生活していた。
その日もお気に入りのカツラをかぶって町に出かけた。
独身で一人暮らし、仕事を辞めたばかりで誘拐されたので
誰も気付かず、探してはくれなかった。
なので、警察も誘拐されたのがどこの誰なのか、
分かるまでに時間がかかった。

そうしているあいだにも、女は衰弱していき、
意識ももうろうとしていくが。



女が誘拐されたあと、
ある無人の建物に監禁されるんだけど、
それがひどい。

素っ裸にされ、
1メートル角くらいの檻のような木箱に入れさせられ、
体育座りのような状態で身動きが取れない体勢。
ロープでつるされ、宙ぶらりん。

檻の外にドライフードと水のペットボトルが
籠の様な物に置かれ、ぶら下がってる。

何とかかんとか檻の隙間から手を出せるので
その食べ物と水は、少しは口に出来た。

犯人は、女に暴力はふるったが犯すことはなく、
女のことを淫売とののしり、くたばるところを見てやる、
と言い放った。

しかし、女は同じ体勢でいるため
体じゅうが激痛、尿や便も垂れ流し。
寒いし声も出ず、
助けを呼ぶことも出来なかった。

何日かが過ぎて、男が出かけたっきり戻ってこなくなった。
食料も水も途絶えるといよいよ自分は死んでしまうと思った矢先、
何かがガサガサとはえずってる音が・・

はい、ねずみの登場。

ねずみはドライフードを食べにきた。
てか、ドライフードは女の為じゃなく、
ネズミをおびき寄せるための餌だったのだ。

ねずみの数はどんどん増えていき、
えさが無くなると、女を狙うようになる。

身動きが取れない状態だが
力と知恵を振り絞り、
檻の木の端くれをはぎ取り、武器にしてネズミと戦った。

が、それも限界がおとずれ、女は絶望した。

もう一度、木をはぎ取ったが武器になりそうな大きさではなく、
女は考え、それを使い自分を傷つけた。

女はあきらめなかったのだ。

自分の血液を、おりをぶら下げてるロープに浸した。
ネズミがそれを狙ってかじりついた。
何度も何度も自分を傷つけ、
ロープに血を塗る。
そうしていくうちにロープが破れていった。
あと少し・・・・

女は、体をゆらして自分が閉じこめられてる檻をゆらした。
ブランコを揺らすように、大きく大きくゆらした。
落下したときにうまいこと檻の角が床に激突し、
檻が崩壊してくれることを祈って・・・・。




あ、わたし、感想書いてないね・・・・。

これね、監禁されてる女の脱出劇
みたいになってるけど、
そうじゃないのよこれが・・・・。

脱出するまで半分、そのあとが半分あるのよ。

面白いよ~~~。

女がカツラかぶって変装して、偽名を使って生活してるってこと、
忘れてない?

すっごく面白そうでしょ?

衝撃的な真実だったよ。

これはすごいミステリーだった~。

『給食のおにいさん』 遠藤彩見



『給食のおにいさん』 遠藤彩見


料理の腕前は一流で、コンクールで優勝もするほどの青年。
自分の店を持ったが失敗、仕方なく給食の調理人で資金を稼いで
再び店を出すつもりでいた。

しかし、いろんな問題児と給食を通して接していくうちに、
この仕事にもやりがいを感じ始めてしまった。。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


これはね~~、面白くてあっという間に読み終えてしまった。

丁度、天海祐希でドラマやってたじゃん、
あまり見なかったけど、
たぶん、あれよりこっちの方が面白いと思う。

泣くところもたくさんあって、
美容院とかカフェでけっこう泣いた。



子供嫌いで、興味もない給食作りなんて、
と、バカにしながら始めた仕事なのに、
子供にとって、給食って、すごく意味のあるものなんだ、
と、気づき、
自分が子供達の人気者になっていくたびに、
逆に、自分も子供達から大切なことを学んでいる、
ってことにも気付いて、

さて、1年後の契約更新をどうしようか、
店を持つという夢もあきらめられず・・・。

っていう話なんだけど、
感動だらけでしたよ。

こっちの方がドラマ化した方が良かったんじゃね?
って思ったわ。

配役も嵐の二宮かな~~~なんて、思い浮かべちゃったりした~。



あ~~あ、学校給食が食べたくなった。
PTAの試食会・・最後はいつだったかな~。
もう食べる機会なんてないのかな~~。

『連鎖』真保裕一



『連鎖』  真保裕一


チェルノブイリ原発事故による放射能で、
汚染されている食物が極秘に輸入されていた。
さらに横流しの可能性も・・・。
調査に乗り出した羽川は、事件に巻き込まれていく。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



こうゆうことって、ありそうな話だよね。

ネタバレしちゃうと、実は 放射能汚染の食物はフェイクで、
その裏に麻薬の密輸入が絡んでたりして・・・。

わけが分からなくなって、
読むのを放棄したくなりました。

でも、頑張って読んだけど・・・。

ざっくりで斜め読みした感じになっちゃって、
この本は・・・私には難しかったな・・・・。



すんませんが、これで感想おしまい。

『ぼくのメジャースプーン』 辻村満月

content.jpg


『ぼくのメジャースプーン』 辻村満月


ぼくには誰にも言えない不思議な力がある。
その力をある人に使いたい。
その子は学校で起こったひどい事件のせいで、
ショックで引きこもってしまっているのだ。
ぼくの力で、元の姿に戻って貰うのだ。
チャンスはたった1回だ。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ネタバレします。


その少年は、
「○○しなければ、△△になる。」
と言うような言葉を誰かにかけると
その人が暗示にかかって○○をすることになる。
という、不思議な力を持っている。

それは、間違った使い方をしたら大変なことになるので、
気をつけなければならない。

両親からは「絶対にその力をつかってはいけない。」
と言われているので、気をつけているが・・・。

やはり、そこは子供だからね、つい口が滑ってしまうこともある。

だけど、

大好きな幼なじみの女の子が、心を閉ざしてしまった・・・。

自分の力を上手く使えないだろうか、と
大学の先生に相談する。
その先生も、同じ能力を持っていたのだ。

結果・・・上手くいくんだけど。

それは、力を発揮できたからではなく、
2人の信頼関係、思いが通じてたから。

少年の一生懸命さが伝わったのだと・・。



好きな人を思う気持ちは誰にも介入出来ない
奥深いところで繋がってるのね~~、ほっこり。

な話でした~。



『テニスボーイの憂鬱』上・下 村上 龍



『テニスボーイの憂鬱』上・下 村上 龍


趣味のテニスに明け暮れながらも、
愛人との情事にも精を出す、
ステーキハウスを経営する青木。
愛する物とは、妻、息子、そして愛人。
どこか哀愁漂う男が
どこまで愛を貫いていくのか・・・。





これはかなり、エロい。


途中で読むのが嫌になった

っつうくらいだ。




テニス、って文字に惹かれて
かなり古い(30年近くも前)の本だけど、
つい買っちゃった。(フリマで)
だから頑張って読んだけど。。。

あの時代のテニスプレーヤーの名前が出てきたり、
その時流行ったラケットの名前とか、
ウエアーのメーカーとか、
そこんところは興味沸いたね。



しかし、まあ、この主人公は
とにかくエロい。
テニスのラリーも、
飲んだシャンペンも、
街の明かりも、
何もかも、
目に入る物全て、
エロに置き換えて悶々とする。

男の欲求がすべて詰まってる物語でしたよ。
これは男の人が読む物ですね。
官能小説なのか?
いや、不快な気分になるくらいだから違うだろな。

でも、この話、パパに言ったら、
「男なんてみんなそんなモン」
だと。

ゲロゲロ~~~~!!!


そうか~~、
男って、年がら年中そうゆう事かんがえてるのか~、
男って、そうゆう事を女にして貰いたいのか~~、
男って、女をそんな風に誤解してるのか~~、

って勉強になりました。。

(だから強姦なのに合意だ、って勘違いするんだな)


私、女歴・・・46年。
今さら、男の生態が理解できた気がする。




でもね~~~~、
悪いけど、
女って、そんなもんじゃないから~~、
残念だけど、ほとんどの女性は理解しがたい話でした。



『プリズム』 百田 尚樹



『プリズム』 百田 尚樹



聡子は、ある資産家の家の小学生の息子の
家庭教師として通い始める。
その家で出会った不思議な男。
聡子は、その男に惹かれていく。
その男は穏やかで紳士的、
しかし、ある時はやんちゃで軽い、
ある時は凶暴、
ある時は大人しくふさぎがち、
その男は家主の弟だと言うが、
どうやら多重人格らしい。






こうゆう話、大好き~。

昔、『ビリーミリガン』を読んで、
衝撃を受けたんだけど、
まさにそれと同じような多重人格だ。

幼少期に親からひどい虐待にあうと
そうゆう症状が現れる。
ひどい虐待というのはつまり
性的虐待だ。
暴力と性的な虐待が多重人格を生みやすいんだって。

「今、暴力を受けてるのは自分ではない。」
って思いこむ事で、その記憶を消し去り、
変わりに違う人格がそのときの痛みを請け負う。

辛い話だよね。

人間の脳って、そんなに都合良く出来てるのか・・・。




この物語では、
主人公は本当の人格ではない卓也という男を
好きになってしまう。
同じ人なんだけど、人格が入れ替わると
全く違う人に感じるのだ。

卓也という人格も聡子に惹かれていく。

そんで、元の人格の広志も聡子を好きになってしまうから、
聡子は混乱してしまうのだ。

広志は、今まで隠れるようにして生きて来たけど、
聡子が家庭教師として家に出入りするようになって、
何かが変わってきた。

広志は全ての人格を統合させる為に通院していたが、
聡子は広志ではなく、卓也が好きなのだ。

統合した方がよいのだけど、
してしまうと卓也に会えなくなってしまう。
という、聡子の気持ちね。



ビリーミリガンは、
ある人格がレイプ事件を起こしてしまうんだけど、

そういえば、今日のニュースで、
声優のアイコ、って人が多重人格だとか、
だから無罪だとか?
ってやってたけど。

どうなんでしょうね~。

嘘なのか、ホントなのか。。。、




こうなると、
本当に多重人格で悩んでる人が困っちゃうよね。
病気を利用して悪い事するのはやめてほしいわ。



『パーフェクトプラン』 柳原 慧



『パーフェクトプラン』 柳原 慧


代理母で生計を立てている主人公は、
かつて出産した子どもが、母親に虐待されていることを知り、
発作的に子どもを連れ出してしまう。




↑ ↑




なんか、めんどくさくて、
ウィキペディアから引用してしまった・・・。




すごく面白かったんだけど、
読み終わってから時間が経ってしまって、
何が面白かったのか忘れてしまって・・・。

読み直そうと思ったけど、やめちゃった。

頑張って思い出すね~~。




代理母として妊娠中の女は
身重の体で、かつて産んだ子を誘拐、逃亡する。
その子は親にひどい虐待をされていたのだ。

いくら血がつながっていない子だとしても、
お腹を痛めて産んだ子だ。
他人事とは思えないよね。

コミュニケーションがうまくとれなくなっている子供、
誘拐に協力してくれた仲間と接していくにつれ、
だんだんと感情が出てくるようになる。

そもそも、この誘拐は、
身代金を要求せずに、
誘拐した子供の父親の職業を利用して、
株取引によって大金を手に入れようとするだった。

子供にとっても、父親にとっても
自分たちにとってもウインウインだ、
と思っていたが、そうはいかなかった。。。

この計画を邪魔してくるハッカーが現れたのだ。

ハッカーってすごいよね、
何であんな風にコンピューターを操作できちゃうんだろ。
きっとある意味、頭おかしいんだろな。

最後は
ハッカーと警察と、
仲間割れと
そんで、あと、
気が狂っちゃってる虐待母と

みんなが入り乱れて大変なことになっちゃうんだけど、


結局は
母性と親子愛の話だったな、

って思わせる物語だった。。。





『みんな邪魔』 真梨幸子




『みんな邪魔』 真梨幸子


昔、少女漫画『青い瞳のジャンヌ』は
少女達の心をわしづかみにし、
熱狂的なファンがたくさんいた。

お茶会を開いているオバサン達6人、
『青い瞳のジャンヌ』の登場人物さながら
オシャレをして、コスプレもする、
漫画の妄想に浸って夢の時間を過ごしている。

この6人は『青い瞳のジャンヌ』のファンサイトから選ばれた
熱狂的なファンであり、ファンクラブの運営も行っている役員だ。

そんな中、役員が次々と殺されていく。
それは『青い瞳のジャンヌ』の呪いなのか・・・。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



結局は、

現実から逃避したいと思っているオバサン達が、
心のよりどころを見つけ、妄想に浸り、
でも、心のバランスが崩れてぐっちゃぐちゃになる、

って話だったな~。



お金もないのに無理してお茶会に参加してるオバサン、
旦那のDVに悩むオバサン、
息子の引きこもりに悩むオバサン、
嘘ばかり言ってお金をだまし取るオバサン、
不倫相手の子を身ごもってしまうオバサン。

みんな、どこか、心が病んでる。


だから、何か好きなことに没頭して
のめり込んでしまうのかな。

宗教と一緒だね。


私は今のところ、
心が病んでる、ってことは無いと思うから、
変な集団に引き込まれる事は無いだろうけど、


本当に辛く、現実を見たくない状況に陥ったときは、
何かにすがって覚醒したくなるのかも知れないな。


この物語、最後にびっくりな事実が分かる・・・。
イニシエーションラブみたいな、
「え!そうだったの?」ってやつ。
だから、もう一回読んでしまった・・・。

プロフィール

きゃろたんと

Author:きゃろたんと
1970年生まれ(女)
感じた事を書きます。
毒舌けっこうあります。
お気を悪くなさったら
 ごめんなさい。

★主な登場人物
【R子/結婚1年目共働き】
【K子/幼稚園教諭2年目】
【N子/大学2年】
【パパ/同い年.自営社長】
【桜子/トイプードル享年12才】
【あきら/トイプードル】
【こしず/義母.事務先輩】
【やすお/義父.自営会長】
★好きなこと
【フリマ】【コブクロ】
【レイクタウン】【読書】
【観劇】

仕事の合間に書くので、
土日の更新はあまりないです。

ようこそ!
最新記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
おすすめリンク
今読みたい本はありますか?
お得です。
検索フォーム
QRコード
QR