映画 『ラ・ラ・ランド』

繝ゥ繝ゥ繝ゥ繝ウ繝雲convert_20170308133623


『ラ・ラ・ランド』

観てきましたよ~~~~!!


内容は言うまでもないよね、

女優で成功する事を夢見る女と、
ジャズをこよなく愛する売れないピアニストの
サクセスストーリー&ラブロマンス。



内容なんてどうせ良くある話でしょ?
ミュージカルみたいだけど、
そんなの、舞台で観た方が断然良いでしょ?


って、たかをくくってました。


ところがどっこい。


アカデミー賞取り損ねた作品だぜ~~


見終わったときの満足感、ハンパ無かったよ。



冒頭のハイウエイのダンスシーンの壮大さ。
ハイウエイに並んでる車のレトロ感。
その車の上でガンガン踊りまくるダンサー。
車や人にぶつからないでみんな上手く踊ってる~。
すげ~~~~~~~~!!!
鳥肌だったよ~~~。

エマストーンが超絶にかわいかったこと!
相手の俳優さんのピアノ演奏シーン。
ピアノ未経験なのに猛特訓して吹きかえ無しだったって聞いたぞ。
すごかった!!!
エレクトーン20年近く習ってた私でも
あんなジャズピアノは特訓しても無理だ。
センスあるんだろうな~。
とにかく、ピアノの演奏シーンはどっぷり見とれてました。
(私、ピアノ演奏の手元みるの好きなのよね。)

ワンカットで長く撮ってるのが多かったからかな、
舞台感も残しつつ、リアルにその場にいる気分になる
っていうのかな~~~。
すごい入り込んでしまいました。

エマストーンが劇上で乗ってる車は
日本のフェイマスでポピュラーな車です。
これまたトヨタウハウハですな(-_-)

私のミラココアもなんかの映画で使われないかな~。


あ、さすがに、その車はハイウエイでダンスの餌食にはなってないです。


映画『何者』

n051101_img01_convert_20161021110258.jpg




『何者』 


就活に悩む若者達が集まり、
お互いに励ましあい
苦悩を共に分かち合いながらも
本心はひた隠している。

今どきの若者の就活がかいま見られる
どこか気味の悪い学生達の心の声。

一体、若者達は何処に向かって行ったら良いのか。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




先週の土曜日、
1人で見に行っちゃった~。
あ、初日だったのね。

佐藤健が見たいだけだったんだけどね。

だけど、これはちょいと
心の中の陰な部分がもろに表現されてて、
なんだか、自分まで性格がゆがんでしまいそうになった。

就活で悩んで自殺する人がいるって
何となく分かる気もしてくるし、
昨日までは仲間だった友達が
ライバルになる。
ライバルが次々に内定が出ていく中、
なぜ自分には内定が貰えないのか。。
って、くら~~い気持ちになってく。。。

意識の高い人ほど上手くいかないのだろうか、
アイツより優れてる自分がなぜ・・、

自分がどうなのかを考えるよりも
他人の行動が気になって仕方なくなり、
他人の言動を見ては心の中では軽蔑しののしり、
そうしながら自分をどうにか保っている。

結局は自分を見失って
「一体、自分は、何者なんだ?」

ってなる。




就活生って、もしかしたらみんな、こんな風にして
悩んで、壊れて、救われて、立ち直って、
成長して大人になっていくのかしらね~・・。

就活中はみんな、孤独なのかも知れない。
情報交換は必要だけど、
仲間意識は一旦無くした方が戦いやすいのかもね。

すべてが終わったら、また仲間に戻って、
悩んだり、ねたんだりしたことも全て笑い話に出来れば
それでいいんだしね。


この映画見て、一番強く思ったこと、

就活中は、人のツイッターとか、SNS関係は
絶対に見ない方がいい。

でした。


映画 『君の名は。』

無題


『君の名は。』


とある田舎町に暮らす女子高生の三葉、
東京で暮らす男子高校生の滝、
2人はお互いに不思議な夢を見て、
どうやら2人が夢の中で入れ替わってることに気付く。

三葉の町はある時
いん石が落ちて町ごと破壊されてしまった。

滝はそのことを知り、
どうにかもう一度、過去の三葉と入れ替わって
その事を知らせたい、と思ったのだった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



観て来ちゃいましたよ~。1人で~~~。

あんまりにもK子が面白い言うから~~。

テレビでもやたらに絶賛してるし~~。





どんなもんかって、
なかなか簡単には説明出来ないね~。
惹かれ合う2人、もあるし、
家族の信頼、もあるし、
友達との絆、もあるし、

なんか、青春時代の悶々とした記憶が、
夢なのか、現実なのか、
それとも、希望なのか、

不思議体験?

ひとくくりにしちゃうとそうゆう事かもだけど、

すごく良かったよ~。



田舎の風景とか、町並みとか、映像も良かったし、
神木隆之介くんの声も、良かったし。

もう一度観たいよ。
シンゴジラももう一度みたい。
どっちももう一度観たい。





『シンゴジラ』

7eb1df1b_convert_20160823163729.jpg
2016-05-04_202730_convert_20160823163717.png
0c8046de7cfed3044ae62ec84b777694_convert_20160823163741.jpg


『シンゴジラ』


すごいよ~~~、
とにかくこれは見てください。
4Dがいいかもです。
私は時間が合わなくて2Dでしたけど、
N子が4Dで見て感動してました。


これは、日本の大傑作だと思います!


もう、説明するより、見て!


です。




で、あと、



ちょい役でいろんな人出てるから
見つけて楽しむのも良いです。

ちなみに私、
斉藤工だけは確認できました。

『ロクヨン64』後編


share_convert_20160511160524.png


『ロクヨン64』後編

なんか、だいぶ前の話になっちゃいますね、
見たんだけど、感想文書くのが面倒になってました。

いきなり感想ね。



前編が難しくて、もう一度見ないと理解できない感じだったから
理解しきってない状態で見た後編ですが、

面白かった~~~。

普通に、後編だけでも成り立つんじゃないかっってくらいに、
サスペンスどらま一本見ました、って感じでしたよ。

自分の娘を誘拐され殺された父親が
14年の時を経て、犯人を突き止めて復讐する、
ってお話。

まず、誘拐殺人事件が未解決になっていたことが
警察のずさんさやら組織的な隠ぺいやら、
そうゆうのがあるんだけれども、

被害者の父親の14年間にわたる執念がすごい、

事件の時の身代金要求などの電話の声の記憶、
それだけで父親は犯人を見つけ出した。
警察は当てにならない、
なぜならあの声を聞いたのは自分だけだから。

電話帳を片っ端からかけ続けて、
その家の主人らしき人の声だけをしらみつぶしに・・。

すごい執念ですよ。

で、こいつだ!って見つけたときの父親の気持ち。

その電話に使ったのがある電話ボックスの電話だ。
ひたすらにかけまくっていたので
ボタンの数字は消えていた・・・。

執念・・・。

とにかく執念。




でも、死んだ娘は帰ってこない・・・・・・

なんとも・・・・




涙なしでは見られない映画でしたよ。



映画 『高台家の人々』

kodaikenohitobito.jpg

映画 『高台家の人々』

見て来ちゃいました~。



高台家の御曹司 光正はある不思議な能力がある。
平野木絵は突然、光正に食事に誘われる。
妄想が大好きな木絵だが、そんな彼女と一緒にいる光正は
いつも笑顔で、楽しそうだ。
しかし、光正の能力を知ってしまった木絵、
二人の関係はどうなってしまうのか。。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



面白かった~~。

まあね、良くあるラブコメだから、
大体は予想がつくと思って、
あんまり身構えず、期待もしないで見に行った。

そしたら、意外や意外、
あのね、妄想よ、妄想のシーンがちょ~楽しい。
普通そんな妄想しないだろ!
って妄想がたくさん出てくるのよ。

もっと妄想が見たかった~~。

連ドラでも良かったかもよ。

ただ、キャスティングはもう少し若い人がいいね。
綾瀬はるかはなにげもう、オバサンの域にかかってるから、

まあでも、この綾瀬はるかが好きで見ちゃったんだけどね。


で、


斉藤工がめっちゃかっこいい~~~~!!


ま、そうゆうことですわ。




綾瀬はるかの天然キャラが好きで、
斉藤工のかっこいい所を見たい人は
是非、『高台家の人々』見てやってください。

なんか、土曜日だったのに座席ガラガラだった・・・。

映画 『64(ロクヨン)』

share_convert_20160511160524.png

映画 『64(ロクヨン)』


昭和64年1月、
平成に年号が変わるまでの7日間の間におこった誘拐殺人事件。
犯人は見つからず、事項まであと1年となった。
このタイミングで、警視庁長官が被害者の父親と面会し、
未解決をわび、記者会見を行うという手はずになっていたが・・・。






なんだかね~、ちょっと難しかった・・・。
原作読むか、ネタバレをしっかり読んで
予習してからみれば良かったわ。

警察内部のいろいろなことが渦巻いて、
いろんなもめ事がおこるんだけど、
内容を理解しきれなかった・・・。

もう一回みたい。でも後編がまたすぐ始まるよね。
とりあえず、前編のネタバレを今一度しっかり
頭に入れておこうと思います。

前編はプロローグみたいなモンだったから
後編、楽しみにしています。

映画 『ズートピア』

辟。鬘契convert_20160511153328

映画 『ズートピア』

ズートピアは、肉食動物と草食動物がみんな仲良く暮らせる国。
ウサギのジュディはにんじん作りの農家の娘だが、
警察官になるという夢を持つ。
普通は肉食動物しかなれないと思われた警察官だが、
ジュディは頑張って良い成績で警察官になったのだ。
そして発生した、カワウソの失踪事件。
ジュディは相棒のきつねと共に事件を追いはじめるのだった。



アナ以来だね、ディズニー映画見たの。

アナは歌が聴きたくて見たけど、
これも実は、歌が好きで見てしまった。1人で・・・・。

1人映画・・・久しぶり・・・・。




良かったよ、見る価値有りだと思います。
肉食と草食のどうしても越えられない壁
みたいな物があって、ん~~、なんつうか、
白人と黒人みたいな。
仲良くやってるように見えて、
お互いにコンプレックスを感じながらも
相手を批判したり認めたりしてる。
動物一つ一つ見ても偏見がある。
たとえばキツネ、
どうしても、キツネは人を騙すと思われがち、
そうゆうこと、

子供向けなのかな、って思いきや、
いがいに深い意味合いが込められてます。

これは是非是非、見て欲しいです。

あみちゃんの歌も良いね。
カラオケで歌いたい~~。


映画 『アイアムアヒーロー』

c0420fef530e94fea26c2002dfd2bb42_convert_20160511141247.png



映画 『アイアムアヒーロー』

鈴木英雄はさえない漫画家アシスタント、
趣味で猟銃を所持している
ある日、妙なウイルスが蔓延し始める。
それは感染するとゾンビ『ZQN』になってしまう。
『ZQN』は人を襲って血液感染で仲間を増やしていく。
その息の根を止めるのは頭を潰すか砕くしかない。
街中が『ZQN』だらけになっていく中、
英雄は猟銃を抱えて逃げる。
途中出会った女子高校生と逃げ込んだショッピングモールで、
感染していない人たちと出会い、
みんなで『ZQN』と戦っていく。
英雄は持っている銃を使って、
名前のごとくえいゆうになれるのだろうか。






N子と観てきたよ。

15才未満は観ちゃダメ、そうよダメダメ!
めっちゃグロいです。

でも面白いね、原作読みたくなったわよ。
マンガの方がもっとグロいんだろうな。

映画終わっておうちに帰っても
しばらく胃がムカムカしてました。




あ、感想ね、

こうゆう感染系のパニックムービー、
良くあるからね、ストーリー云々じゃなく、
映像を楽しんだね。
まあ、どうせ、このウイルスも半年か1年後には
これに効くワクチンが開発されてね、
事態は収束されていくはずなんですよ、はい。

そうやって自分に言い聞かせて自分を落ち着かせて
んで、高見の見物ってことですよ、はい。

だから恐いとかいってビビって観るんじゃなくて、
あの映像を楽しんでみましょう、って、はい。

とにかく、『ZQN』の頭をかち割ればいいんですからね、
頭、ぶっつぶすんです。ぐちゃぐちゃに。
ね、映像が浮かんで楽しいでしょ?

『ZQN』は生きていた頃の一番の自分の姿でいるのよ。

たとえば、そうね~、こしず(義母)だと
「このまんじゅうおいしいわ~~」
ってずっと言ってる。
やすお(義父)なら
「仕上げしてくる」って言って製品を研磨してる。

私だと・・・・・・
ん~~~、PCのキーボードとツムツムを交互にいじってる。
かな。

その一人一人の生きてた人生がかいま見られるんですよ。
それがけっこう面白い。

マンガだとどうなんだろうな。

もしこの映画、こわくて敬遠してるんだったら
『ZQN』のそうゆう所を重視して観れば何とかなるんじゃないかしら。

ん~、そうはいかないか・・・・・。

『バクマン。』

poster2_convert_20151007112116.png

『バクマン。』

はい、佐藤健ですからね、
初日に見てきましたよ~。


高校生漫画家が頑張るって話しです。





説明みじかっ!!





たけるくんがかっこいいだけじゃないですよ。
染谷君の演技もなかなかでした。
神木君もそりゃあね。
リリーフランキーもいい味でてました。

この映画見て、
「私は絶対漫画家にはなれませんね」
って強く確信したわ。

映像もなかなかで、
プロジェクションマッピング使って
見応えあったし。

少年ジャンプでトップを取りたい
という夢に向かって頑張る姿ね、
これはもうスポコンさながらでしたよ。

ほら、私、スポコン大好きジャン。
恋愛では泣けないけどスポコンだと号泣するタイプです。

ま、まあ、『バクマン。』で号泣する場面はありませんでしたけど、
良かったですよ、夢があって。




なんか、全然評価になってないわね。

だって、

たけるが見られればよかったんだも~~ん!
プロフィール

きゃろたんと

Author:きゃろたんと
1970年生まれ(女)
感じた事を書きます。
毒舌けっこうあります。
お気を悪くなさったら
 ごめんなさい。

★主な登場人物
【R子/結婚1年目共働き】
【K子/幼稚園教諭2年目】
【N子/大学2年】
【パパ/同い年.自営社長】
【桜子/トイプードル享年12才】
【あきら/トイプードル】
【こしず/義母.事務先輩】
【やすお/義父.自営会長】
★好きなこと
【フリマ】【コブクロ】
【レイクタウン】【読書】
【観劇】

仕事の合間に書くので、
土日の更新はあまりないです。

ようこそ!
最新記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
おすすめリンク
今読みたい本はありますか?
お得です。
検索フォーム
QRコード
QR